高校に入学すると同時に【ブレイクダンス】にハマりだして、

中学で四六時中考えてたプロレスのことが嘘かのように、高校では四六時中ブレイクダンスの事を考えるようになりました。

廊下でやってたらプロレスが

廊下でブレイクダンスに変わり、

学校でも、家に帰ってきたあとでも

夜な夜な駅前にたまってはブレイクダンスの練習に明け暮れる毎日でした。

なので、この辺の時期から(2001年〜)

プロレスは全くといっていいほど観なくなってしまいました。

まぁそれでも1.4の東京ドームは押さえてましたけど笑

でも、それくらいだったなぁー。

あれほど新日本プロレスが好きだった自分が

棚橋選手や中邑選手など、第3世代の選手が

新日本プロレスの過酷な時期を頑張って耐え抜いてきたっていう時代を目の当たりに出来ず

でいました。

そのあとくらいから

ブシロードの傘下となり、メディアに

オカダカズチカ選手などが出てきて

【おー!新日本プロレス盛り上がってるんだ!】と観るようになってきました。

たまーに後楽園ホールに観戦に行くくらいでした。

その時は、未だバリバリ頑張ってる

憧れだった小島聡選手を観て、

メチャクチャ刺激をもらい自分のダンスなど

パフォーマンスに活かすモチベーションとしていました。

俳優も始めた頃だったので

選手たちのリング上での闘いだけではなく

表情や表現なども勉強させて頂きました。

そのおかげで、ダンスでは数々の優勝やタイトル。

俳優では、夢であった映画【クローズ】に出演することも出来ました。

つづく…

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

プレミアム記事閲覧【わくわくらいと】

【わくわくらいと】とは…

表ではあまり詳しく語ることがない 新井佑典が行っているダンスや俳優、パフォーマーの仕事部分の裏側。また仕事以外での挑戦模様や趣味、また 勉強して得た学びや 最新の考えなど 新井佑典が書く文字を通してみなさんに〝わくわく〟を提供します。それらを通してみなさんの人生のモチベーションを高めることを意識した内容をお届けしていきます。※わくわくらいとのパスワード記事に関しては有料会員【わくわくらんど】の会員様のみが見れる形となっています。

https://codoc.jp/sites/6IOPx8QKZA/subscriptions/4gh651Js7A

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆